2019年4月17日 株式会社オロ様共催セミナー(東京)

申込受付終了

企業の働き方を変え、生産性を向上するためにはデジタルの活用が不可欠です。
最近ではDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が注目されており、バックオフィス部門でもシステム・ツールやデジタルの積極活用による業務効率化が進められています。

しかし、現場にはまだまだエクセルやアクセス等が残っており、業務や集計作業が属人化しているケースも少なくありません。
また、ツールを導入したものの、データ連携やデータの分析・活用に手間がかかり、十分に活用しきれていないなど、実運用上の課題もあるのではないでしょうか?
エクセルやツールに溺れることなく、バックオフィス部門・会社全体の生産性向上を実現するには、どのように業務とITを融合し、データを活用していくべきなのでしょうか。

本セミナーでは、『月刊総務』豊田編集長に基調講演をいただき、DX時代における、未来のバックオフィスの在り方について解説いただきます。
また、データ連携を推進するZACユーザーとして丸善雄松堂株式会社・IT企画室 多名賀様にご登壇いただき、会計システムや人事システムとZACをつなぎ、業務の効率化、データ利活用を実現する事例についてお話いただきます。

パネルディスカッションでは、ツールベンダーも登壇し、これからのバックオフィスとIT・システムとの向き合い方、生産性についてパネルディスカッションを行います。

バックオフィス部門の効率化を図り、会社全体の生産性向上を考える、全ての企業様にお役立ていただけるセミナーです。

参加希望のお客様は、以下ご参照ください。
https://www.oro.com/zac/seminar/20190417.html