業務改善・効率化例

営業案件/日報管理

■営業案件/日報管理とSFA導入の実態

どんな企業でも、営業が会社の顔として顧客へのアプローチを繰り返し行っています。この行動で得た情報は、高い費用を払ってでも可視化したい情報であり、会社としての戦略立案、顧客へのアクションプラン、営業の行動計画には、今やなくてはならないものとなってきました。

 

この情報を可視化するために多くの企業はSFAを契約し、費用に見合う情報を得るため、営業へ情報入力の負担を与え続けております。ここでは、SFAを導入することなく、ExcelとxoBlosを活用して営業案件/日報管理を実施されている企業の事例をご紹介します。

 

■xoBlos導入前のある企業の営業案件/日報管理

  営業の日報情報から、経営会議資料を作成
   ① 会社全体及び部門毎の期初計画との差異及び今後の見込(サマリ)
    ・計画はExcel明細で作成、実績は販売管理からCSVで出力
    ・見込は、各営業担当の②日報情報を営業事務がExcelで集計
   ② 部門毎、顧客毎の案件見込
    ・各部門の担当営業が営業日報へExcel入力
    ■ 顧客名、案件名、受注時期、計上時期、金額、アクション

 

  各部門毎の会議で見たい情報を作成
   ① 部門毎の期初計画との差異及び今後の見込(サマリ)
    ・計画はExcel明細で作成、実績は販売管理からCSVで出力
    ・見込は、各営業担当の②日報情報を営業事務がExcelで集計
   ② 顧客毎の案件見込
    各部門の担当営業が営業日報へExcel入力
    ■ 顧客名、案件名、受注時期、計上時期、金額、アクション
   ③ 案件見込毎の行動計画

 

  各部門の担当営業が営業日報へExcel入力
   ■ 行動計画と状況
    アプローチ
    提案
    見積提示
    受注
   ■ 確度
   ■ 案件顧客担当者
    キーマン
    担当者

 

バラバラな管理情報を統一した指標で作成することが出来ない状況で、資料を比べながら会議を進めている状況でした。

 

—— < 続きはPDFをダウンロードしてください >———————————
*ダウンロードファイルサイズ:PDF形式,860 KB

続きはこちら