業務改善・効率化例

損益管理

■「損益管理」の課題

作成された「予算」がどのように進捗しているのかを把握する、現在の、そして今後の見通しがどのようになっているのかを俯瞰して、現在の戦略を点検し、次の戦略を立てる・・・これを行うには、損益管理をタイムリーに行っていく事が重要です。
 

基幹システムで実績を管理されている企業は多いですが、損益管理を行う場合は、これに加え、様々な形で策定された予算と、まだシステムに投入される前の「見込値」の連携を行うと、実績(過去)~ 見込(現在/未来)を俯瞰することができます。
 

特に見込値はシステムに投入される前のデータであるため、「手入力」であることが多く、こんな場面ではExcelが多く活用されています。しかし、Excelで運用するにはこんな課題も避けてとおれません。

  • 各部門用にあらかじめいくつかの値を設定した入力シートを作成して配布しているが、これが手作業で大変
  • 別途システムで管理されている予算や、実績を入力用のExcel表に反映させるのが手作業で大変
  • 作成された各部門値から全社レベルで集計するが、マクロを実行するために手作業でデータやシートを整備するのが大変
  • 部門からメールや共有フォルダでExcelファイルを収集するが、漏れや間違いが多く運用が負担
  • 対象の項目は毎年、またはもっと短い頻度で変わるので、その度に入力シートのメンテナンスが必要だが、それに伴い集計方法の改修などもあって大変

 


 soneki_image2

 

対象の項目が多くなれば、ただでさえ入力項目が多くて大変なので、なるべく「見込値の入力」以外の業務の負担は減らしたいところです。

 

■「損益管理」のxoBlosによる解決策

xoBlos を導入し次のように解決できます。

 

—— < 続きはPDFをダウンロードしてください >———————————
*ダウンロードファイルサイズ:PDF形式,1 MB

続きはこちら