お客様インタビュー

大手 EC サイトとの EDI 連携を安価・スピーディーに構築

【内藤商事株式会社様】
「着るおしゃれ・編むおしゃれ・創るおしゃれ」を提案する、内藤商事の社是

222

本インタビュー記事は、xoBlos パートナー(販売代理店および SI パートナー)のベル・データ株式会社様が制作されたコンテンツを基にしています。

ベル・データ株式会社
 

内藤商事株式会社様は、毛糸の輸入やクラフト・手芸材料、アパレル等の販売を通して、レディースファッションに「着るおしゃれ・編むおしゃれ・創るおしゃれ」を提案されている企業です。

内藤商事株式会社

インタビューを行った内藤商事様の会議室には、「内藤商事の社是」が掲げられていました。

■内藤商事の社是
 誠実(オネスティ)
 熱意(ファイト)
 親和(チームワーク)
 創意(アイデア)
 挑戦(チャレンジ)

EC サイト専用の EDI の構築を検討するが開発費用が高額で実現が難しい

111

内藤商事株式会社(以下、内藤商事)は世界の毛糸やクラフト・手芸材料の販売会社であり、老舗の総合卸商社として活躍されています。2007 年当時、自社のホームページにおいて毛糸やクラフト・手芸材料の販売を行っていましたが、大手 EC サイト A 社からショッピングサイトへの参画を打診され、出店を決定されました。当時 A 社は手芸関係の販売会社、数社に参画を打診するも、インターネットでの販売が本格化する以前であったため、全て断られました。しかし A 社に対して、内藤商事のみが出店を決定したことからも、内藤商事の先見性が窺えます。出店当初の売上は僅かであったものが、商品登録数が 2 万点を超えたあたりから売上が急加速、現在の商品登録数は 10 万点を超え、ショッピングサイトにおける業務は拡大し続けています。基幹システムである IBM i の使用歴は長く、物流/在庫管理/経理システムなど、ほぼ全てを運用しています。ショッピングサイトと IBM i の在庫状況の共有は専用の仕組みを利用していましたが、内藤商事内部の処理は人の手によるところが多く、急速な売上数の増大により、徐々に対応が難しくなってきている状況でした。

xoBlos による開発で、安価・スピーディーに専用のEDI 環境を構築

222

そのような中、ベル・データは IBM i と他のシステムを連携することが可能なソリューション “xoBlos(ゾブロス)” を提案。xoBlos は専用の EDI を構築する上で、A 社指定の規格で A 社のシステムと内藤商事の IBM i を結ぶ EDI を安価に、開発期間も短く構築が可能である点を評価され採用されました。A 社専用の EDI 構築にあたっては以下の点を留意されました。

1.「AWS」を活用(搭載可能)する。
2. 基幹システムである IBM i との連携がスムーズに行われ、低価格で構築可能であること。
3. IBM i とのインターフェースの変更が必要になった場合のサポートが受けられること。
4. 毎年のように行われる仕様変更に対して柔軟性の高い EDI システムが構築可能なこと。
5. システム変更が必要な場合、低価格で可能なこと。

人の手で行っていたデータ処理を xoBlos が大幅削減

111

小坂氏は言います。「実際の構築は 1 か月くらいでできました。国産のツールということもあり、理解しやすいですし、開発の方もしっかりと説明をした上でやってくれたので非常に安心できました。価格面でも他のベンダーさんの価格を大幅に下回りましたし、全く問題なく稼働しています。それに、xoBlos で構築したことによって、人の手で行っていた処理が大幅に減りました。例えば注文が入って、その商品の在庫があるかないか社内で人が照会していましたが、その部分を xoBlos がやってくれるので、出荷可能なものに関しては 100% 在庫にあることがわかった状態で処理ができる。こういった受注処理が 1 日に何十と発生することもあり、今までは人の手でやらなければならなかったものが、 xoBlos によって大幅に簡素化されたのは非常に大きな効果だと思います。」

続きはこちら