お客様インタビュー

「Excel 業務ならば RPA ツールよりも xoBlos のほうが効率的」と判断、
経理/人事のルーチン業務を自動化

【株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)様】
毎月のルーチン業務、手作業もマクロ自動化も「問題あり」

111

DeNA 本社およびグループ会社の業務 IT を統括する DeNA 経営企画本部 IT 戦略部では、社内からのさまざまな業務改善要望に応えるため、新しい IT ツールの調査やトライアルを積極的に行っている。
「業務効率化の推進」が全社的な課題となる中で、IT 戦略部への要望として、経理部や人事部におけるルーチン業務の自動化が挙がった。
これらの部門では、さまざまなシステムからデータを集約してレポートを作成、配布するなど、Excel 周りのルーチン業務が数多くある。しかし、その大半は手作業で行われており、毎月かなりの工数が割かれていた。また、マクロなどで自動化しているものもあったが、こちらでは業務の変更があってもメンテナンスできないという「属人化」の問題が生じていた。

研修に参加、体験してわかった「メンテナンスのしやすさ」

111

こうした業務を自動化するための IT ツールとして RPA に着目し、RPA 関連のセミナーで情報収集を行っていたところ、RPA ツールと組み合わせて xoBlos を導入している住友林業の話を聞く機会があった。「Excel 業務に限って言えば、RPA よりも xoBlos のほうが効率が良い」という。
さっそく DIT に連絡を取り、製品説明を受けたうえで、どこまで業務効率化ができるか「体験」しようとハンズオン研修にも参加した。そこで強い印象を受けたのが、xoBlos の「メンテナンスのしやすさ」だった。xoBlos では 2枚の Excel シートをメンテナンスするだけでよく、短期間で誰でも習熟できる。

毎月 8 時間かかっていた業務が自動化で 10~15 分に時間短縮

111

実際に DIT のエンジニアを招き、ある 1つの業務を自動化してみたところ、4時間ほどの構築作業で自動化が完了した。これまで毎月 8時間を要していた連結会計に関する業務が、わずか 10~15分で完了するようになった。
DeNA ではこの自動化処理を、RPA ツールと xoBlos とを“適材適所”で組み合わせ、連携させるかたちで実現している。業務システムへのログインやデータのダウンロードなどの処理は RPA が行うが、Excel 周りの処理は、RPA が xoBlos を自動起動させるかたちで実行している。
「RPA は強力なツールですが、Excel や CSV に特化したデータの加工であれば、xoBlos のほうがはるかに効率が良いと思います。構築にかかる工数は、内容にもよりますが RPA の 10分の1 程度で済む場合もあります」

続きはこちら